毎日がカーボローディング

アラフォー女、マラソン始めました。ご多分に漏れずサブ4を目指す日々。

ヤフオクドームリレーマラソン(10km個人)レポ 後半

 私は今回、至極真剣に走りました。 このレースで52分を切りたい、あわよくば51分切りたい、とメラメラに闘志を燃やして臨みました。

 

 ガチで臨みましたがガチで迷走したレースレポ後半です。

 

 

 キロ5を切る出だしの1km、突っ込み過ぎて乳酸溜まった2km、何とか持ち直して「きついながらも押せるところ」で走っていた私。

 2kmで突っ込んだ負債から5~6kmでタイムが落ちるかと思いきや、予想に反してキープ出来てる。

   あれ、50狙えそうな…?

 

 ブブッとガーミンが震えて1kmのラップを教えてくれるので、見るじゃないですか。

 100mくらい走ったら忘れるんです私。

 (主観強度15くらいで起こる「頭がとっちらかる」現象)

 キロ5辺りで何とか押せてる…あれ、キロ5オーバーしたの何度かあったような…その時、キロ5’10超えてたっけ…?乳酸溜まった地獄の2km、「アホかー!突っ込みすぎじゃー!(ゼイゼイ)」ってタイム見て思ったけど、それいくつだったっけ…?

 今、何分くらいなの…?

 

 って回らない頭で考えてたんですよね、ガーミンの走行距離の真下に走行時間載ってるのに(本気で忘れてた)

 維持できるところで押せているか、を最重視してたので、このまま維持して50ビハインドで終わりたい、みたいな事回らない頭で考えてたと思います。あと下腹。

   …集中してたということにしといて下さい…

 

 

 GPSは絶対じゃない。でもそこそこ信頼はしてる。

 9km過ぎたら、突っ込む!

 とは決めてました。誤差が出ても2~300m程度だろう、と。

 

 だから突っ込んだんです、10km:4'34

 

 で、ここで、「今回のレースは1周2.1km4周半」と説明を受けてたので、駐車場をスタートしてしばらく駐車場を走ってたから、ゴールも駐車場になるんだな、リレーとはゴールが違うんだな(リレーはスタートもたすき受け渡しもゴールもグラウンド。メインだから。10kmなんて余興よね…)って考えてたんですね。

 事前にコース図はHPに記載されてて、グラウンドがゴールってちゃんと書いてあったんですけどね。

 ドームの内部なんて知らんがなーコース図見てもさっぱりやがなー

 とかチラ見しただけで気に留めなかった私がバカなだけなんですけどね。

 

 グラウンド過ぎて、駐車場入って、ガーミンチラチラ見て、走行距離が10.3km。

 流石に「ゴールどこ!?」って焦りました。

 なので、立っているスタッフに走りながら聞きました。

 

「10kmの、ゴール、どこです、かッ!!(心拍185)」

 

 彼女はスッと片手で前方を示しました。

 そんなんされたら「残り長くても200mくらい」と思うじゃないですか。ガーミン10.3kmだし。

 まさか残り1.7kmあるとか思わないじゃないですか。

 

 この直後、後ろから高校生男子がスパートかけて私を抜きました。ああ、彼はたすきを持ってないから10kmの子だな、というのは分かりました。

 

 進んで、5度目の2Fへ続く坂が見えました。絶望しかありません。嘘でしょ…4度目で「最後の坂!ここを乗り切れば終わりが近い!!」と気合で乗り切ったのに…

 

 坂の手前で、一人のランナーがスタッフに「10kmの!」とか「ゴールが!」とか言ってるのが聞こえました。ああ、彼もゴール難民。

 死ぬ思いで坂を登ります。もう、体幹の捻りで足を上げるような感じで。

 登った先にはへばった先ほどの高校生男子。きっと、彼も、難民。

 

 行けども行けどもゴールらしきものはありません。

 11km過ぎると流石に「ゴール過ぎてね…?」と思いました。グラウンドがゴールだったんじゃね?と。とても遅まきながら。

 ここでリタイアしても10kmは走ってる(ハズだ)からもういいんじゃない…?

 

 11km:4’33(慣性の法則が発動)

 

 残り1周だから給水はもういい!と先ほどパスした5度目の給水所が見えます。水じゃない。今欲しいのは水じゃない。

 

 駐車場の1Fへ下る坂を下り、グラウンドの入り口が見えます。

 思い当るゴールはグラウンドのリレーゴールしかありません。この一周でそこしかなかった。ていうか最初からそこしかなかった。

 そのままへろっへろで駆け込みます。

 

 12km:4’56(もうガーミンが震えたのにも気づかなかった)

 

 10代のカワイイ女の子スタッフが「お疲れ様でしたー、チップを回収しまーす」と。

 

 ああ……ゴールだ。(チップは10kmのみ)

 

「私…多分…5周しちゃって…(ゼーゼー)」

「えっ…?」

(いや、この子にそんなこと言っても困るだけだわな…)

「あ、ごめんね、なんでもないです(ゼーゼー)」

 

 多分、多分一周余計に走ってる、それは私のミスとして(当然)、気になるのはきちんと10kmでフィニッシュがとられたかどうか。

 えーと、周回コース上のあれが計測ゲートで、計測ゲートを超えて左に入ってゴールだから、きちんと10kmで計測がとられてる…ハズ…だけど…

 この大会、記録証即時発行じゃないからタイム分かんないぃぃぃ!!!

 

 などと思ってると、横であの男子高校生が倒れこんでました。隣に制服のカワイイ彼女らしき子つきで。青春。

 彼と健闘を称えあいました。

 

「私たち、多分、一周余計に、走っちゃったよね…?(ゼーゼー)」

「そうっすよね、ありえないっす(ゼーゼー)」

「ごめんね、私に、釣られたよね…(ゼーゼー)」

「誘導、なかったし、分かんないっすよね!!(ゼーゼー)」

 ※全く称えあっていない

 

  (そして彼がスパートをかけた理由が、私がゴールの場所を聞いたから、だったら、彼は2度釣られている。老婆心ながら彼の将来が心配。)

 

 ガーミンとスマホを同期。ラップを見ます。でも計算したくない、10kmのタイムの計算とかしたくない。そしてガーミンの示す走行距離は12.12㎞、一周2.1㎞でプラス一周してると考えると、うわあガーさん正確ゥ!

 とりあえず、速報的に記事を上げる。

 直後にランナーズアップデートの存在を思い出す。

 

  ああー…心拍が落ち着いて、頭が回り始めてる感が、今、書いてて、凄い。

 

 

 

 

 で、フィニッシュタイム:47:58

 

 

 

 

 

 

 ∑(゚Д゚)アァ!?

 (自分が思っていた以上に速かった!)

 

 

 

 

 

 

  (そして確定するプラス一周…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに10km、3位まで表彰されるんですけど、女子参加者は40人くらいなので順位は運と分かっていつつも、いつつもですよ、

 去年の3位のタイムが50分台、

 一昨年が48分台、

 という穴場な大会とその結果だったので期待しちゃいましたよ、ええしちゃいましたよ、しちゃうでしょ!?

 

 世の中そんなに甘くはないですね(上位10%にも入っていなかったZE☆)