読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日がカーボローディング

アラフォー女、マラソン始めました。ご多分に漏れずサブ4を目指す日々。

柔軟では勝ってると思われるけど

 20km走の翌日はスポーツクラブに行って、疲労抜きジョグと筋トレ、軽く水泳してきました。

 とりあえず走れる体と足を作らなくては…と筋トレやってたら、ランジやってる時にインストラクターさんが通りかかったんですね。

 

「あけましておめでとうございます」

「おめでとうございます、今年もよろしくお願いします」

 といった挨拶から始まり、以下心の声『 』

 

「いやー僕正月休みで太りましたよ」

「私今のとこ仕事だったんでまだアレですけど、年末の分が残ってますね…」

『この人私が瘦せた時、継続してください!キープですよ!とか顔合わせる度に言ってきたけど、自分は徐々に肥えてきてるよなあ…』

「今年の目標って何かあるんですか?」

『おっ』

「マラソン出ます!」(キリッ)

「そうですかー」

 

『…話膨らまない…!!』

 

 いや、このあたりでドヤ顔で「サブ4狙ってやりますよ!」とか言える性格ならもうちょい面白い方向に話が転んだかもしれませんけど、あの、そういうこといっても実際にシーズンになったら恥をかいて終わるだけの結果になる可能性のほうが非常に高いからアレですよね、もうほんとにアレなんだから。

 

 その後、親切にランジのフォームの指導が入りました。

「体ふらつきますねーw頑張ってくださいw」

「曲げた時、膝の位置がジグザグになってますから、真っすぐを意識して」

 とか……あれ……指導というより…ダメ…出し……?

 

 スポーツクラブで運動してると、インストラクターさんより秀でる事が出来る分野って何かないかなーとか割に本気で考えたりしてしまうんですが、(性差あり、一回り年が違う相手に対して割に本気で)

 そうだね、マラソンだね。

 

 そうだね。

 

 

 それにしても、1時間走れても1時間泳ぐの無理。自分、無理です。

 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村