毎日がカーボローディング

アラフォー女、マラソン始めました。ご多分に漏れずサブ4を目指す日々。

ヤフオクドームリレーマラソン(10km個人)レポ 後半

 私は今回、至極真剣に走りました。 このレースで52分を切りたい、あわよくば51分切りたい、とメラメラに闘志を燃やして臨みました。

 

 ガチで臨みましたがガチで迷走したレースレポ後半です。

 

 

 キロ5を切る出だしの1km、突っ込み過ぎて乳酸溜まった2km、何とか持ち直して「きついながらも押せるところ」で走っていた私。

 2kmで突っ込んだ負債から5~6kmでタイムが落ちるかと思いきや、予想に反してキープ出来てる。

   あれ、50狙えそうな…?

 

 ブブッとガーミンが震えて1kmのラップを教えてくれるので、見るじゃないですか。

 100mくらい走ったら忘れるんです私。

 (主観強度15くらいで起こる「頭がとっちらかる」現象)

 キロ5辺りで何とか押せてる…あれ、キロ5オーバーしたの何度かあったような…その時、キロ5’10超えてたっけ…?乳酸溜まった地獄の2km、「アホかー!突っ込みすぎじゃー!(ゼイゼイ)」ってタイム見て思ったけど、それいくつだったっけ…?

 今、何分くらいなの…?

 

 って回らない頭で考えてたんですよね、ガーミンの走行距離の真下に走行時間載ってるのに(本気で忘れてた)

 維持できるところで押せているか、を最重視してたので、このまま維持して50ビハインドで終わりたい、みたいな事回らない頭で考えてたと思います。あと下腹。

   …集中してたということにしといて下さい…

 

 

 GPSは絶対じゃない。でもそこそこ信頼はしてる。

 9km過ぎたら、突っ込む!

 とは決めてました。誤差が出ても2~300m程度だろう、と。

 

 だから突っ込んだんです、10km:4'34

 

 で、ここで、「今回のレースは1周2.1km4周半」と説明を受けてたので、駐車場をスタートしてしばらく駐車場を走ってたから、ゴールも駐車場になるんだな、リレーとはゴールが違うんだな(リレーはスタートもたすき受け渡しもゴールもグラウンド。メインだから。10kmなんて余興よね…)って考えてたんですね。

 事前にコース図はHPに記載されてて、グラウンドがゴールってちゃんと書いてあったんですけどね。

 ドームの内部なんて知らんがなーコース図見てもさっぱりやがなー

 とかチラ見しただけで気に留めなかった私がバカなだけなんですけどね。

 

 グラウンド過ぎて、駐車場入って、ガーミンチラチラ見て、走行距離が10.3km。

 流石に「ゴールどこ!?」って焦りました。

 なので、立っているスタッフに走りながら聞きました。

 

「10kmの、ゴール、どこです、かッ!!(心拍185)」

 

 彼女はスッと片手で前方を示しました。

 そんなんされたら「残り長くても200mくらい」と思うじゃないですか。ガーミン10.3kmだし。

 まさか残り1.7kmあるとか思わないじゃないですか。

 

 この直後、後ろから高校生男子がスパートかけて私を抜きました。ああ、彼はたすきを持ってないから10kmの子だな、というのは分かりました。

 

 進んで、5度目の2Fへ続く坂が見えました。絶望しかありません。嘘でしょ…4度目で「最後の坂!ここを乗り切れば終わりが近い!!」と気合で乗り切ったのに…

 

 坂の手前で、一人のランナーがスタッフに「10kmの!」とか「ゴールが!」とか言ってるのが聞こえました。ああ、彼もゴール難民。

 死ぬ思いで坂を登ります。もう、体幹の捻りで足を上げるような感じで。

 登った先にはへばった先ほどの高校生男子。きっと、彼も、難民。

 

 行けども行けどもゴールらしきものはありません。

 11km過ぎると流石に「ゴール過ぎてね…?」と思いました。グラウンドがゴールだったんじゃね?と。とても遅まきながら。

 ここでリタイアしても10kmは走ってる(ハズだ)からもういいんじゃない…?

 

 11km:4’33(慣性の法則が発動)

 

 残り1周だから給水はもういい!と先ほどパスした5度目の給水所が見えます。水じゃない。今欲しいのは水じゃない。

 

 駐車場の1Fへ下る坂を下り、グラウンドの入り口が見えます。

 思い当るゴールはグラウンドのリレーゴールしかありません。この一周でそこしかなかった。ていうか最初からそこしかなかった。

 そのままへろっへろで駆け込みます。

 

 12km:4’56(もうガーミンが震えたのにも気づかなかった)

 

 10代のカワイイ女の子スタッフが「お疲れ様でしたー、チップを回収しまーす」と。

 

 ああ……ゴールだ。(チップは10kmのみ)

 

「私…多分…5周しちゃって…(ゼーゼー)」

「えっ…?」

(いや、この子にそんなこと言っても困るだけだわな…)

「あ、ごめんね、なんでもないです(ゼーゼー)」

 

 多分、多分一周余計に走ってる、それは私のミスとして(当然)、気になるのはきちんと10kmでフィニッシュがとられたかどうか。

 えーと、周回コース上のあれが計測ゲートで、計測ゲートを超えて左に入ってゴールだから、きちんと10kmで計測がとられてる…ハズ…だけど…

 この大会、記録証即時発行じゃないからタイム分かんないぃぃぃ!!!

 

 などと思ってると、横であの男子高校生が倒れこんでました。隣に制服のカワイイ彼女らしき子つきで。青春。

 彼と健闘を称えあいました。

 

「私たち、多分、一周余計に、走っちゃったよね…?(ゼーゼー)」

「そうっすよね、ありえないっす(ゼーゼー)」

「ごめんね、私に、釣られたよね…(ゼーゼー)」

「誘導、なかったし、分かんないっすよね!!(ゼーゼー)」

 ※全く称えあっていない

 

  (そして彼がスパートをかけた理由が、私がゴールの場所を聞いたから、だったら、彼は2度釣られている。老婆心ながら彼の将来が心配。)

 

 ガーミンとスマホを同期。ラップを見ます。でも計算したくない、10kmのタイムの計算とかしたくない。そしてガーミンの示す走行距離は12.12㎞、一周2.1㎞でプラス一周してると考えると、うわあガーさん正確ゥ!

 とりあえず、速報的に記事を上げる。

 直後にランナーズアップデートの存在を思い出す。

 

  ああー…心拍が落ち着いて、頭が回り始めてる感が、今、書いてて、凄い。

 

 

 

 

 で、フィニッシュタイム:47:58

 

 

 

 

 

 

 ∑(゚Д゚)アァ!?

 (自分が思っていた以上に速かった!)

 

 

 

 

 

 

  (そして確定するプラス一周…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに10km、3位まで表彰されるんですけど、女子参加者は40人くらいなので順位は運と分かっていつつも、いつつもですよ、

 去年の3位のタイムが50分台、

 一昨年が48分台、

 という穴場な大会とその結果だったので期待しちゃいましたよ、ええしちゃいましたよ、しちゃうでしょ!?

 

 世の中そんなに甘くはないですね(上位10%にも入っていなかったZE☆)

ヤフオクドームリレーマラソン(10km個人)レポ 前半

 私は今回、至極真剣に走りました。

 このレースで52分を切りたい、あわよくば51分切りたい、とメラメラに闘志を燃やして臨みました。

 

 ※レポ後半への布石です。私の書く内容が真面目なまま終わることはまずありません。

 

 

 当日は8時起床。台風接近に伴い、開催については6時に発表します、ということでまず公式HPチェック。

 予定通り開催するが、コースを一部変更します―――1周3kmを1周2.1kmにするとのこと。

 ふーん。事前にコース見たけど、そもそもドームの内部構造なんて知らないんだからコース見てもイマイチ分からんのよねー、ま、開催されるならおっけーぐらいの気持ちで、おにぎりを二個食べる。

 今回のレースは10時前からリレーマラソンがスタート、その後5時間耐久リレーマラソンスタート、10km個人は13:30スタート。12時過ぎに会場入り。

 受付時に、今回のコース変更についての説明があり、駐車場とグラウンドを利用した1F~3Fの3kmのコースが1F~2Fの2.1kmになり、4周半走ってもらいます、とのこと。

 これを聞いて「やったぜ坂が1つ消えたぜ!!!」とほくそ笑みました。

 

 ドーム内は既にリレーで盛り上がっています。

 f:id:oga_kuzu:20170917024050j:image

 

 わーいアリーナ降りよー。

 人工芝は思ったよりふっかふかでした。テニスの人工芝コートみたいなのイメージしてたので、「柔らかい…!」と感動。

 

 f:id:oga_kuzu:20170917024115j:image

 ※シューズ円陣のアングルってどうしても足が太く見える…とは以前から思ってました、いや太いんですけど太いからアングルのせいではないんですけど、円陣写真撮るときはフレームインさせるのは足首までにして…!と女性ランナーを代表して言っておきます。傘が見えるのは私がSNS向きの性格ではないからです。

 

 人が走るのをピュレグミを食べながらのんびり眺め、12:50にウィダーインゼリーを投入、13時にトイレを済ませ、「13:10に6番ゲートに集合してください」と言われていたのでゲートに向かうと既に列が出来ている。

 

 あっしまった出遅れた( ゚д゚)←レース2戦目

 

 ですよねぇ、13:10って言われたらその前から並びますよねぇ。言葉通りに並んじゃったぜあっはっはー。

 言うても参加者120~150人くらいだから、まあ大したロスにはなるまい…でも大型の大会では気を付けないと…

 

 そこから係員に誘導され、人気のない駐車場のどこかに連れていかれる。10kmのスタート地点は人いっぱいのグラウンドではなく、人のいない駐車場。

 ガーミンが心拍を捉えてくれず、再起動させると今度はGPSを補足せず、屋内だからか…?と思いながらもう2度ほど再起動させてやっとGPS補足。

 13:30スタート予定でしたが、5分遅れの13:35スタート。

 

 私は閾値走はトレミで行っており、先日5’10の30分をクリアしたばかり。

(なので、目標タイムが52分切りだった)

 10kmなら閾値ペースでいいはず…けど、トレミより実際は-10秒ほど速いペースでいけるのでは…?などと考えていましたが、

 えーい、きついながらも維持できる感じのところで押す以外にないわな!

 という、バカの一つ覚えで行くことにしました。

 

 1km:4’50

 2km:4'37

 突っ込み過ぎて、溜 ま る 乳 酸

 (レース終わった…!私のレース、ここで終わった…!と本気で思った。今回の最高心拍192をマーク)

 3km:5’05

 流石に落として(落ちたともいう)

 4km:4’58

 なんとか「きついながらも維持できる」とこらへんになる。

 5km:5’01、6km~9kmは4’55~57で安定したんですけど、意図してません、「きついながらも維持できるところで押す」一辺倒。

 ただ、疲れてくると上体というか肩回りらへんが遊びだして無駄が多くなるので、下腹に力を入れて、腕振りと肩甲骨ー骨盤を纏めるように意識だけしてました。この意識があるかないかで、推進力が違ってくる気がするんですよねぇ私の場合。

 

 さて。コースなのですが、駐車場からスタートし駐車所を走りスロープを登って駐車場の2Fへ。2Fの駐車場を1kmくらい走ったらスロープを降り、100mほどでグラウンドへ。グラウンドを抜けたらまた駐車場へ入って…というコースでした。そうだねほぼ駐車場だね。今回コースが短縮されたということなのですが、その短縮も当然3Fの駐車場なわけで…駐車場、ああ駐車場、駐車場。

 1Fと2Fをつなぐスロープは都市部のタワーパーキングほどの勾配はなく、郊外のショッピングモールぐらいの勾配。ガーミン、高度拾ってくれてなかったのでこんな妙な例えで失礼。

 距離にして30mくらいだったと思うんですが、登りはいいとして初心者には下りがヤバかった。閾値走ぐらいの余裕のなさで突っ込むと、足が後ろに持っていかれるんですね初めて知りました。後ろに体重乗っちゃうと捌けなくなるのはスノーボードもランニングも一緒か!

 あと、下り坂の最後の方で重心を下にためてから、平地に入るとき前に乗ると勢いが削がれずにぐっと加速できる。これもボードでパイプ入った時のボトムでの加速に感じが似てる。意外な共通点。

 

 コースはレポを読むと「アスレチックでタイムが出ない」という印象でしたが、むしろ十分タイムが狙える走りやすいコースでした。1ヵ所、坂を上った後のカーブがヘアピン近くてスピードが落ちたぐらい。10kmが始まる頃にはリレーの速いチームは終わってる(3.5クラス)ので、集団もぜんっぜんいません。9割駐車場1割グラウンドの、「ヤフオクドーム駐車場マラソン(スタジアムチラリ☆もあるよ!)」であること以外はいいレースでした。

 給水は1ヵ所、水or麦茶、当然駐車場なんですけど、コンクリートに皆さんが溢した水が光ってて、スタッフが「滑りやすいので気を付けてください!」と言ってるではありませんか。怖くて寄れない。でも3周目で流石に限界を感じて飲みました。2口目でむせましたが何か。コップ、潰しましたが?

 

   ||

  (||

   ||

 左側一か所のみが給水だったので、

  (||

   ||

   ||)  

 左右10mくらい距離を置いて2か所とかにしたらいいんじゃないかな!かな!

 まあでも、リレーマラソンメインだから給水そんなに要らないよねえ…これ、10kmの人の意見よねえ…とは思うのです。

 

 

 後半へ続く! 

ヤフオクドームリレーマラソン10㎞個人

一周多く走った疑惑

 

 

f:id:oga_kuzu:20170916143931p:image

f:id:oga_kuzu:20170916143942p:image

 

 

【追記】

リレーマラソンだからランナーズアップデートがありました。

f:id:oga_kuzu:20170916151339p:image

 

確実にプラス一周しています流石です私。

 

 

熊本城マラソン当選したんですけど

初出場枠で当選したんですけど、じゃらんからの当日宿泊可能ホテルは三軒のみ、しかものきなみハイプライス、大会が提携しているホテルもハイクラス以外は全滅ってな感じで出走前から詰んだんですけど皆さん宿泊どうやってるんですか…?前日受付だから宿泊ですよ…ね?

一般抽選が終わるまでホテル確保してるだけかな?

 

 

すごくやる気失せる…

 

 

【追記】

スタート地点から1kmくらいのところにお手頃価格で何とかとれました!

もうついでに北九州の結果を待たずに参加費払っちゃいました。くまモン見てきます。(既に全国区)

本日で…にまんえん飛んだ……そしてこの光る箱の前で費やした1時間半…(洗濯と皿洗いと朝食の準備の時間が…)

5'10きた!!

月の初めにやった30㎞(−4km)、疲労がヤバかったです。なんとか張りが消えるのに一週間くらいかかってしまったので、もう一度ビルドアップの前に30㎞を…と考えていましたがスッパリ切った方がレベル的に良さそうです。その後ロクに練習できてないんだからそもそも練習失敗っすよねー。

 

今週末は10㎞レースなので、ミドルレンジやLSDは一先ずお休みして、と。

 

夜勤明けで寝てからスポクラに行って閾値走。

先週はお尻が張って2キロで尻尾巻いて帰ったので、今日は尻尾切り落としてでも成功させてやるわそう私は蜥蜴!!(ギラギラ)

 

と実際こんな事を考えてはいませんでしたが、これに近い意気込みで臨みました。

 

f:id:oga_kuzu:20170912232934p:image

 

5'10(時速11.6)30分成功したー!!!

(ラップの3〜8のとこ)

時速いじってないんですけどばらつきありますけど細けえこたぁいいんだよ。

 

実際このくらいで走れるかも、キャッ☆

と思わないでもないんですけど世の中そんなに甘かねぇんだよ…(それは知ってる)

 

マラソン前までにキロ5いけるかも!

やるぞ!マラソンペース4'30を楽にするぞ!

 

かわいいは正義

「ランニングウォッチ買ったのよ」

「本気だね…」

「こう、ちょっといいやつ。心拍計がついてて、文字盤の裏がセンサーになってて光るのね」

「うん」

「実家に帰った時ランニングして、ランニングウォッチを居間に置いて翌朝起きたら、猫がめっちゃ転がして遊んでて

 

((((;゚Д゚)))))))くぁwせdrftgyふじこlp」

 

「やだかわいい」

 

 

 

 

f:id:oga_kuzu:20170909114833j:image

ホシの悪びれない顔

 

 

通知でも来て光ったのかな…(未だによく説明書を読んでないので通知オフできてない。ライン、ヤバイ)

「走らないし」

 

「その靴良さそう、仕事の靴は疲れないのが一番だよね、どんな感じ?」

「これめっちゃいいですよ、ABCマートの店頭で5,000円でしたけど、柔らかくてクッション良くて走れます!」

走らないし

 

 

 

 

 

「いっつもサンダル履いてるよね」

「だって通勤くらいサンダルにしないと、通勤用の靴下と仕事用の靴下とランニング用の靴下、1日3足の靴下を洗濯しなきゃいけなくなって干す時げんなりしますし」

走らないし

 

 

 

 

 

「ヘモグロビン上がった!10台から12台になった!ビバ鉄剤!」

「いいなー私10〜11だからなー」

「人によるんだろうけど10台とかマジ走れないから!鉄剤飲めよ!!」

走らないし