毎日がカーボローディング

アラフォー女、マラソン始めました。ご多分に漏れずサブ4を目指す日々。

大学は京都なのに同窓会は箱根ですって

 ポッと時間ができました。まともに記事を書くのも久しぶりです。

 

 さてこの一週間なのですがまず、事の発端は先月末。

 母から電話がかかってきまして、

「父の大学の同窓会が泊まりで箱根であるから、一緒についてこれないか」

 と聞かれました。

 父は要介護2の判定をもらってますが、最近「3になったんじゃ…」と思うほど弱ってきてます。荷物プラス父の移送、確かに母1人では無理です。

 しかしもうシフトは決定していて、同窓会の日程は夜勤。融通きくか聞いてみるけど期待しないでほしい、と返事をしました。

 

 ですが翌日、父の友達が静岡空港まで迎えに来てくれることになり、じゃあ私が福岡空港まで送って、父と母は飛行機に乗って静岡空港まで行き、静岡空港から父の友達のお世話になればいい、という話になりました。

 

  同窓会の日までは私が休みの日に母に車椅子の移送方法を教えたり、母は今月〜来月フラメンコの発表会があるのでその練習やリハーサルに行く間私が父の面倒を見たりと、6月は割に実家に行く機会が増えました。

 自分がマラソンをやりたい以上、母にもやりたいこと(フラメンコ)をやってもらわないとこちらも気が引けます。持ちつ持たれつですね。時間がとれないのは仕方ない。

(悶々とするあまり、真夏の5kmエントリーという愚行を犯したのはこの頃)

 

 

 とりあえずはこのブログは「ランニングブログ」なので、ランニング中心で書きたい、と思ってはいます。

 しかしランニング一辺倒で話を進めるのではなく、その人の日常生活が垣間見えるブログであれば「個人」が出てくるので、それはまたそれで面白い、とも思うのです。

 思うのですが。

 皆さんが配偶者のことや子供さんのことを書く中、自分だけが「介護」というヘビーな話をぶっこむのもなんだかなあ…という気はしてました。まあぶっこむんですけど。

 介護だらけの記事になるようならもう、ブログはやめようと思います。そうなってしまう状態=ロクに走れる環境じゃなくなるってことだと思うので。

 ぶっこむ時はなるべく面白いおかしいことが起こった時にします。

 

 安心してください、今回多分面白いですよ(多分)

 

 

 

 

 で、6/17、件の同窓会前日。翌日の飛行機は朝9時代、前日から実家に来てほしいと言われていたので、

 トレミ  10分ジョグ+快調走40分+10分ジョグ

 主観強度14くらいで、とのことだったのですが、5'40。くっそー相変わらず走れねェェと悔しがりながら実家に「今から帰る」と電話すると、母から、

「ほら、キャリーの上に載せられるバック持ってたでしょ?あれかしてくれない?」

 と頼まれます。

「いいけどさ、ただでさえ車椅子とキャリーがあるんだから、バックはキャリーに詰めていって、荷物が増えた時用に使う、くらいじゃないと後々大変だよ。帰ってから一緒に荷物チェックするから、バックありきで荷造しないように」

 と釘をさすと、

 

 突 如 電 話 口 で 泣 き 出 す 母 。

 

 ヘイスタップマイマザー!今の会話のどこに泣き所が!!!

 

「そんなに怒らなくても…(メソメソ)」

 怒ってない!断じて怒ってはない!ちょっと待ってェ!

「わ、分かった、とりあえず今から行くから待ってて」

 

 電話を切って思う事。

 これはアカン。なんかアカンことが起こってる(それで母が弱ってる)

 

 

 自転車25分で実家へ。

 

 22時。私の顔を見て泣き出す母(えー)

 何があったかを聞いてみると、

 もう今回の同窓会を逃すと、父はもう二度と同窓会に行けないかもしれない(父に内緒で、今回の旅行のことを母とは「冥途の土産同窓会」と呼んでいた)、だから何とかして旅行に連れて行ってあげたい。その為に自分は頑張っているのに、父はちょっとしたことで癇癪を起こし、自分に当たり散らす。そして連日のフラメンコの練習もあってか、ぎっくり腰を起こした。ツライ。ツライのに父は我儘ばかり。ツライ。(要約)

 

 

 人には役割というものがあってですね、

 皆さんも父親役割、母親役割、社会人としての役割がありますし、実家に帰れば成人して時間が結構経ってるのに子供役割になったりしますよね?

 今回の私の役割は、

 ・話を傾聴して共感する:傾聴ボランティア役割

 (「大変だったね…そうだね、お父さん我儘ばかりだもんね、長男だしね、おばあちゃんって、お父さん甘やかし過ぎたよね、ダメだよねやっぱり仕事バリッバリの人ほど弱いよねこういうの、ねー、もうホント嫌になるよねー」などと言ってあげる)

 ・ぎっくり腰で家の中がしっちゃかめっちゃか:家事ヘルパー役割

 (「あ、いいよーお皿ね、洗っとくよ。明日の荷物だけチェックしてたらいいよ、姿勢がきついときは呼んでね。お茶でも淹れるからそれ飲みながらゆっくりやったらいいよ、洗濯物とりこんどくねー、お風呂沸かすからゆっくり入っておいで、明日が本番だし。お風呂あがった?じゃあちょっと肩と腰揉んであげようかー」などと出来うる限りの細やかな配慮を見せる)

 ・誰からもかまってもらえず不満の猫が「撫でろ」と腹を見せてくる:下僕役割

 (わしわしわしわしわしわし)

 

 そうこうしてると1時。

 母は寝つき、さあ自分も寝ましょうか、という段階で本領を発揮してくる人がいた。

 遠足の前日のように興奮で寝付けない小学生のような父、頻回にトイレに行く。

 ここで転ばれたら大変だし、洗い物が増えるのもアレなので都度チェックを入れる。母が起きてこようとしたが、腰が痛いんだから寝てなさい、と寝せておく。

 (母は明日明後日が本番…)

 

 細切れ睡眠3時間。朝が来ました。

 当日だからか父は上機嫌。それがまた面白くない母。

 母が遠巻きに嫌味ジョブを繰り出してくるので、旅行前に二人の仲を険悪にはさせない!と

 

「おおおおお母さんはも、もう少し横になっててもいいよ、朝ごはん作るし猫の世話も大丈夫だしお父さんの着替えも私がするし!お茶とか淹れる淹れる淹れる淹れるから!!!!」

 

 奮闘。出来るだけ頑張る。冥途の土産同窓会だから!

 

 内心で「夜勤…今日夜勤…」と思いながらも出来るだけせっせか動きます。

 タクシーの予約が8:15。8時近くなると痛み止めを飲んだからか、それとも気持ちの整理が出来たのか、さすがに母も落ち着いてくる。

 いざ、空港へ。

 

 冥途の土産同窓会…やっと空港まで来た。これで私は二人を送って、夜勤を終えて、また翌日の18時に迎えにくれば終わる…頑張れ母!父も頑張れよ!

 さあお母さま搭乗手続きしますわよ!と母を見たら、

 

 ぎっくり腰の母、空港のロビーですっ転ぶ。

 

 

 ぎゃああああああ終わったあああああああ

 冥途の土産同窓会旅行終わったああああああああ、手ぶらであの世行きィィィィィ!!!

 

 

 と終了を覚悟したのですが、母は「なんともない」と。

 何度も確認しましたが、「大丈夫」と。モウシンジルシカナイ。

 

 父の最後のトイレ介助を終え、保安検査?ですかね、そのゲートまで送って、実家に帰る。

 ドアを開けると「ニャーン」と可愛い声を出して走り寄ってきた猫でしたが、私の顔を見るなり出した「お前じゃない」オーラが凄かった。

 

 f:id:oga_kuzu:20170623171209j:image

 お分かりいただけるだろうか(あまりのオーラに思わずシャッター)

 

 自分の家に帰り、あー夜勤まで4時間弱は寝れるな…と布団に入ります。

 

 12時前。電話が鳴る。

母「無事に静岡空港着いたよ~いってきま~す」

私「…は~い、気を付けてね~」

 

 

 

 そして目が冴えて寝付けず、迎える夜勤(睡眠時間4時間強)

 

 【続く】

てんやわんや記事の前に

 相変わらず忙しく、生き馬の目を抜くようにしか走れない日々です。

 ここ最近のことを記事にする前にぜひお聞きしたいことがありまして、それは、

 

「マラソンシーズン近くなるとランニングウォッチは高くなるか否か」

 

 です。最安値はいつ頃かとかありますかね?

 

 速くなった気がまるでしないので買いたくないのですが(ギギギギギ)、値段にシーズンで差が出るなら話は別です。

 

 ご存知の方よろしくお願いいたします。

 

日頃の行いってやつですかね!

 おかやまマラソン福岡マラソン、どっちも本日当落発表だったのですが、

 

 

 どちらも落選しました!!!!

 

 

 

 この数日、個人的にはてんやわんやし過ぎて面白いので後から記事にしてみたいと思います。

仕切り直しじゃ!

 自分が疲れてると分かり、16時間寝て(6時間+10時間)スッキリ…と思いきや体の疲れが奥から溶け出すような倦怠感を朝感じましたが、

それでもマシになってるはず!よっしゃ働くぜ!

 と意気揚々と仕事に出かけましたが、始業前から薬品を割る。

 

「おーがーくーずー!」(ナースのお仕事の「あーさーくーらー!」と同じ言い方をされた)

 

 ちなみに16時間寝るコツは、お腹いっぱい食べてすぐ寝る。デブまっしぐら。

 

 

 明日は夜勤前、ポイント練にあてたいので今日は40分ほどジョグ。20分行って帰ればいいから、いつも走ってないところを走って、と適当に走ってて気づく。

(ジョグのつもりがハーハー、なんてのは今後厳禁にしなければ…)

 この道、車は結構通るし街灯もあるけど、1kmくらい信号がない!

 わー家の近くにこんないい場所があったなんて!さすがに公道だからTTとか無理だろうけど、ジョグとか時間がないときの持続走とかにいいかも!

 トータル6kmほどを走って、WS5本やって終了。

 ジョグの時に河川敷とかも走ってみようっと。

 

 トレミ坂道インターバル(800×5、レスト2分)とかメニューにあるんですけど、キロ6’40の4%が限界…先生から「こなせる強度でやれば、3本でおわらないから頑張れ、と」…お、おう、半死半生ですが頑張ります。

 

 あーランニング、楽しいねえ!(自己暗示)

 

 負けない…初レースでサブ4は無理でも2月のレースでとってやる…

 

 立て直してやる…ぎぎぎぎぎ。

塩梅が難しい

 職場で。

むずむず脚症候群(本当にこういう名前の病気がある)になってしまったみたいで、寝つきが悪くなったんですよねえ…」

 ひと月前くらいからベッドで横になると、寝落ちの瞬間に体がびくっとなって目が覚める、それを繰り返して眠れない、なんてことが起こり始めて週2回くらいは睡眠が4時間切るようになってしまい、これじゃいかんなあ…と思っていたのですが。

 ちょっと離れていた場所で会話を聞いていたDr.がぼそっと、

「疲れじゃない?夜勤よく入っているみたいだし」

「え、疲れると寝るときにびくってなるんですか?」

「なるらしいよ。名前あったはず、忘れたけど」

 

 ジャーキング、というらしいです。

 

 鉄分不足や疲労でなるらしい。

 あー症状出始めたの先月からで、先月は6夜勤だったし、

 走っても走っても全っ然伸びてる気がしなくて、走れる時は無駄にガツガツ走ってるしなあ…(そしてやはり伸びてる気がしない)

 

 自分で言うのもなんですが、成果が出ないのがイヤなので割に頑張る方…なのですが、ランニングって頑張り方が難しいのねえ…

 

(というか、自分ってバカだなあ…と心底思う)

ロング走

 自分の持ってるニットと同じニットを着たプラス30歳くらいの女性に遭い、

「もう…今日は仕事したくない…(´;ω;`)」

「はよ働け(´・Д・)」

 とグダグダになった昨日。

 かなり涼しかったので、よし、ロング走してみるか!という気持ちになりました。何やら吹っ切りたい事情でもあったのかもしれません。

(とある服屋で買った服を、偶然別店舗に着て行った時に、「その服うちの服ですよね?好評いただいて売り切れになったんですよー」と店員さんに言われた後日、母が同じ服を着ていた過去あり)

 

 

(吹っ切りたい事情=自分の服の趣味)

 

 

 

 支度して、行くか!となったけど、スパイベルトが最近使ってなかったからか行方不明。スマホ所持は諦め、ICカードに2000円くらい入ってたのでそれと、現金を一応千円、ハンドタオルをポケットにねじ込んで出発。

 

 高速下を1時間45分走って折り返す!

 信号待ちやコンビニエイドに寄っても、ジョグペースなら30kくらい行けるかも!

 

 という感じで大雑把に走る。

 実はというか、30kLSDは月2回くらいやってたんですがジョグは初めて。さあ足は持つのか…

 

 体感で、キロ6くらいを目指して走ります。ランニングウォッチがありませんので。ランニングウォッチを手に入れるまではLSDで下地作り、と思ってたんですが、実際30km走れるのかなあ…走ってみたいなあ…という気持ちもありまして。

 

 信号待ちに何度か引っかかりながら9kmくらいで55分。あれ、ちょっと早い?

 10kmで一旦補給しようとスーパーへ。74円の水を手にした瞬間、

「あ、スーパーだとICカード使えないから、おつりジャラジャラさせながら走らないといけない!」

と気づき、プラス1キロ位を走ってコンビニへ。もう口の中ねっちょねちょ。

 370ml?の水とおにぎりを、一先ずいただきまーす。スーパーより割高ですが、コンビニだとそのままゴミも捨てれるのがいいですね。ついでにトイレも借ります。

 

 あーもーやめたいーな心境に早くもなりますが、行って帰るコースにすると往路を頑張っただけ強制的に復路が出来上がるので、距離走る時はいいですね。意志の弱い私の場合。

 

 もうちょい…もうちょい…頑張れ…

 

 1時間45分あたり、キリのいい大型交差点で折り返し。ああ復路ダルい…

 

 帰りはこの1時間45分の時間を超えないように走る!けど、疲れてきてストライドが伸びにくくなってきてる、ひー。

 

 時間は2時間を超え、走ってると再び口の中がネチョネチョしてきましたが、道路沿いにあったコンビニは往路で寄ったセブンイレブン。同じ店員さんに半笑いされる、もしくは胡乱な視線を送られるのは嫌だ…!あの人とは一期一会でありたい…!!

 と、もう少し頑張るものの、足がダル重になってきて、ああ脱水っぽいなあ…と思いながら開始2時間半、コンビニの看板を見つけ2度目のピットイン。

 グリーンダカラを一気飲み!

  残り55分、往路より少しだけ早いペースのようなのですが…信号待ちの時間があるので、実際のペースはどうだか分かりません。あーもーランニングウォッチ買おう。こういう走りの時さっぱり分からんがな(今更)

 

 残り8km強くらいかな…と思いながら走る。と。胃の辺りが冷たいのに気づく。

 あ、またお腹壊すパターンだこれ。一気飲みがダメだったのかなって、待って待って、公道でそれはヤメテ。

 仕方ないので手をお腹に当てながら走る。

 左足が突っかかって転ぶ(今月2度目)

 しばらく呆然として歩く。

 再度走る(どこも怪我してなかった)

 

 高速下コースのいいところは、うちの近所の中では割にアップダウンがあるところで、ああこういうところを走った方が足作りにはいいんだろうなあ、と思ったんですね(ランナーっぽい思考)

 ちょうど最初の10数キロにアップダウンがあり、往路は余裕があるので色々考えれる訳ですよ。上り坂は猫背にならずに足を上げる、とか、下り坂の時のピッチを上げて走るってのは、骨盤の切り替えしを意識した方が負担が少ない気がする、とか。

 復路は地獄。どう走ろうが足が痛くてきつくて痛い。痛い。まさに「行きはよいよい帰りは」ってやつで、ああああフルマラソンで20km以降にしんどい坂があるコースは走りたくない!!と心底思いました(ランナー思考になりきれない)

 

 残り3kmくらい、大学付近。

 母集団は少ないですが、大学生が深夜、自分独りしかいないと思い込んで道々歌っている確率は1割という新たな統計が出ました。

 

 復路+5分、3時間35分で終了。

 家に着いてから走行距離を調べたところ、29kmくらいだったようです。

 うーん。

 キロ6目指してたけど、キロ6’30くらいだったか…?

 

 なんか走っても走っても速くなるどころか徐々に遅くなってきている気がするんですが…キノセイカナキノセイダヨネ

 後5カ月、フルマラソン4時間半は目指せると思うんですけど、4時間は正直厳しいかな…というのが昨日の感想。

 脹脛とハムスト、足の裏側の筋肉痛が早くも出始め、今日の夜勤大丈夫かな…というのが今日の心配。

感化、ダメ、絶対。

 今月は家庭の事情で100㎞走れるかしら…な状態になりそうな6月上旬、

色々考えさせられることもあり。

 悶々としてたんでしょう、

気がついたらポチッとしてたんですよポチッと。

 

 第一回マリナタウン サンセットビーチマラソン 5kmエントリー完了

 

 この大会があるってのは知ってたんですけど、これ、日の入りの時間帯、みんなで夕暮れ見ながら走ろうぜ☆ってな大会で、

 

8月に、

夕方4時から、

走るんです(意図せず575)

 

 

「え、そんな30°C超えてる中走るとかありえないっしょ」

 

 って眉を顰めてたんですが。

 

 何かしらの力が、私を、エントリーに向かわせた(多分柴又とかエア芝とか)

 

 

 

 ああああああああ絶対日焼けしない!!って固く誓ってたのに!!

バカ!私のバカ!!もうしらない!!

 

 

(10kmじゃなく5kmにエントリーしたところに理性の残滓を感じる)

 

もう今から憂鬱DEATH!